「炎の秘密」という一冊の本がある
早く図書室に本を返さなければと思いながら
手離せずにいる
この現実を忘れたくないから
勇気ある少女と別れたくないから

表紙の裏に書かれた文章
...アフリカの美しい小さな国モザンビーク。
打ち続く内戦で、家を焼かれ、父を殺されたソフィアは
ようやくたどりついた村で「地雷」を踏み、
最愛の姉マリアは死に、じぶんも両足をもぎとられる。
耐えがたい痛み、家族と引き離される孤独、絶望…。
だが、ソフィアはどん底のなかでも勇気を失わず、
見えない両足でアフリカの大地にすっくと立ちあがるのだった。
12歳の実在の少女ソフィアに起こった、
そして今も世界中で起こりつつある地雷の悲劇を描いた
現実の物語(ノンフィクション)。


著者:ヘニング・マンケル(Mankell・Henning)

 

1948年生まれ。現代スウェーデンを代表する人気作家。
児童向けから大人ものの推理小説まで幅広い作品を発表。
’80年代半ばからモザンビークの劇団の支援を始める。
『少年のはるかな海』(偕成社)でニルス・ホルゲソン賞、
ドイツ青少年文学賞、『炎の秘密』刊行の翌’96年、
児童文学における活動全般に対して
アストリッド・リンドグレーン賞を受賞。
モザンビーク在住

翻訳:オスターグレン 晴子  

 

1958年生まれ。
上智大学大学院中退後、旧西ドイツとスウェーデンに留学。
帰国後、新聞社勤務を経て、フリーランスの通訳・翻訳業。
’97年よりストックホルム在住・・・・

画像



本の表紙絵や題名がちょっと気に入らなかったけれど
読んでみようという気になったのは
こういうヘニング・マンケルさんの経歴もあった

なによりこうした重いテーマがノンフィクションとして
子ども向けにどういう形になるのか知りたかった

時々いろんな手紙が届いて
気まぐれに募金しているわたし
せめてもの罪滅ぼしのつもりなのかな
しかしほんとうのことを知っているのか
と自分を責める気持ちもあった


フクシマ原発事故以来世界は変わってしまった
もう前のように楽観的ではいられない

今まで知らなかった世界を知りたいという希求は
そんなところから生まれているのかもしれない


地雷の恐怖をこうした形で知ったこと
悲しいことだけれどこれが現実で

現在、世界中に約7000万個の地雷が埋められ
1億6000万個もの地雷が
オタワ条約を批准していない国々が保有

日に約10人以上が世界のどこかで
地雷によって無残に殺されたり
手足を吹き飛ばされたりしている


これは放射能に汚染された世界を
これから何十年と生きて行かざる得ない
人々と較べることはできないけれど・・・



ソフィアは走っている
夜の中を

暗い
それにとても怖い
なぜ走っているのか
なぜこんなに怖いのか
そしていったいどこへ走っていくのか・・・

こうして物語は悪夢にさいなまれるソフィアからはじまる
内戦の犠牲になってふるさとを追われた
姉のマリアとソフィアの家族は
ようやく落ち着ける村にたどり着いた

しかし遊びに夢中になっていたソフィア
ソフィアが踏んだ地雷が破裂して
姉のマリアの命を奪った
ソフィアは生きのびたが両足を失った
いったいどうやって生きていくのだろうか・・・




1983年生まれの12歳の少女ソフィア
著者マンケルさんが車いすにのった
ソフィアに会ったのはマプトの病院

手足を失った多くの子どもたちのなかで
ソフィアは話しかけずにはいられない
特別な雰囲気があった
それ以来
ソフィアは大切な友人のひとりになった
とマンケルさんは語る


児童文学としてもとてもすばらしい構成
義足と松葉杖で生きていくソフィアと一緒に
泣いたりわらったりした日々
わたしにもすばらしい友だちができた